【両立のヒント】主婦が調べた・やってみた!

夏休みの工作におすすめ! ペットボトル新幹線の作り方

LINEで送る
Pocket

長い夏休みも残すところわずかとなりましたね! 夏休みも後半にさしかかると、気になってくるのは子どもの宿題ではないでしょうか。宿題の中でも、後回しにされがちなのが作文や工作。今回は、そんな夏休みの工作におすすめのペットボトルを使った新幹線の作り方をお伝えします。

ペットボトル新幹線の作り方

【準備するもの】

  • ペットボトル2本(四角いものが良い)
  • 新聞紙や裏紙など不要な紙
  • カッター
  • ハサミ
  • カラーテープ(何色か用意してもOK)
  • 透明のテープ
  • ポスカや油性マジックなど(カラーテープの上から色がつくもの)

【作り方】

  1. ペットボトル上の部分を写真のような形にカットします。カットをした部分が新幹線の顔の部分になります。
  2. 切った飲み口を本体に入れ込んで透明テープで固定させます。新聞紙や裏紙を詰め込むと丈夫になります。テープを巻きながら、好みの形に微調整することができます。
  3. もう一本のペットボトルを下の写真のような形にカットします。
  4. ②と③を透明のテープでくっつけます。
  5. ④にカラーテープを巻いていきます。写真は緑一色ですが、好みで2色のテープを使っても良いですね! 仕上がりが見えてくると、子どもも楽しんでやってくれます。
  6. テープを巻き終わったら、新幹線の画像などをお手本に窓やドアなどを自由にお絵かきしましょう!

    お子さんの好きな新幹線の色に合わせてカラーテープを用意すると良いですね!
  7. あっという間に完成です! 所要時間は15分から20分程度。

いかがでしたか? 手作りおもちゃというとハードルが高く感じてしまいますが、案外簡単に作れます。夏休みの工作としてはもちろんですが、まだ小さな子どもとお母さんが一緒に作るのも楽しいです。ぜひチャレンジしてみてくださいね!

LINEで送る
Pocket

【しゅふぴた】であなたにピッタリのお仕事探し♪

沖縄の主婦の為の求人サイト
しゅふぴた

コメントを残す

*