【両立のヒント】主婦が調べた・やってみた!

子どもが喜ぶ料理チャレンジ第2弾! 簡単クッキーのレシピとスムーズにお手伝いを進めるポイント

クッキーづくり
LINEで送る
Pocket

料理のお手伝いに興味を持つ子どもって多いですよね。

料理のお手伝いは食育にもぴったり。

とは言え、キッチンが汚くなる、ケガをする危険がある、余計に時間がかかるなど、不安に思うところも多くまだチャレンジさせたことないという方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、子どもたちが初めての料理に挑戦する様子と、初めてでも失敗の少ない簡単なレシピ、スムーズにお手伝いを進めるためのポイントをご紹介します。

今回料理のお手伝いに挑戦するのは筆者の子どもたちで4歳の双子と、1歳の男の子の3人兄弟。

今回はクッキーを作りました。

包丁を使うこともなく、生ものも使わないので低年齢の子どもでも安心です。

お手伝いをスムーズに進める3つのポイント

料理のお手伝いの途中、汚れた手でウロウロしたり、材料をこぼしたり、兄弟げんかが始まったりといったトラブルも考えられます。

できるだけスムーズにお手伝いできるポイントをまとめました。

【ポイント1 計量は前もってやっておく】

小麦粉などの粉ものや、牛乳や油などは計量時こぼれやすいので、材料の計量は親が前もってやっておくとスムーズです。

【ポイント2 テーブルで作業する】

キッチンでのお手伝いは、子どもにとっては高さがあるので、椅子や踏み台に乗って作業することになります。

身動きも取りづらいですし、子ども同士でポジション争いのけんかになることも。

特に子どもが複数いる場合はテーブルの上でできる作業はテーブルの上でした方が安全です。

【ポイント3 おもちゃは片付けて、テレビは消しておく】

お手伝いの途中、汚れた手でウロウロと動き回られると困りますよね。

できるだけ子どもが集中して取り組めるよう、おもちゃの片付けや、テレビを消すなど、環境を整えておくこともポイントです。

クッキー作りスタート!

①材料を計量する(親担当)

まず材料を準備していきます。今回の材料はこちら。オーブンも170℃に温めておきます。

【材料】

・小麦粉 100g

・砂糖  20g

・塩   ひとつまみ

・米油  大さじ2

・豆乳  大さじ2

②材料を混ぜ合わせる

【ボールで混ぜ合わせる】

材料をボールに入れて混ぜ合わせていきます。豆乳、米油、砂糖を入れて泡だて器で混ぜ合わせます。今回は1人10秒づつ交代で混ぜました。

少し大きめのボールを使った方が、こぼれにくいですよ。

さらに小麦粉を加えて木ベラで混ぜます。粉がなじむまではこぼれやすいので、今回は筆者が混ぜましたが最終的には子どもが手で混ぜだしました。

クッキーづくり

【生地を袋に入れて揉みこむ】

ある程度材料が混ざったら、厚手のビニール袋に生地を入れてビニールの上から揉んで生地をなじませます。今回はけんかを避けるために人数分の3つの袋に分けました。

③成形

ビニールの上から生地を綿棒で伸ばします。今回は子どもたちが伸ばしたあと、仕上げと言って筆者が手直ししました。

ビニールをハサミで切ったら、ビニールの上から好きな形に型抜きします。

クッキングシートを敷いた鉄板に型抜きした生地を並べていきます。

④焼く

170℃のオーブンで15分焼きます。

焼けて5分ほど冷ましたら完成です! 自分で作ったクッキーは格別に美味しかったみたい。

型抜きが意外と難しかったようで、時間がかかってしまいましたが、それでも片付けまで含め40分程度です。

親子のコミュニケーションもしっかりとれて良い経験になりました。雨の日など、外に出られない時にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

LINEで送る
Pocket

【しゅふぴた】であなたにピッタリのお仕事探し♪

沖縄の主婦の為の求人サイト
しゅふぴた

コメントを残す

*