【両立のヒント】主婦が調べた・やってみた!

カビに要注意! プロに聞くエアコンと水回りの掃除テクニック

LINEで送る
Pocket

むんっとした蒸し暑い日が続きますが、みなさん夏バテしてないですか? 沖縄の平均湿度は、東京の62%に対し、74%と全国的に見ても高く、暑さ対策だけではなく、湿気対策も必須です。湿度が高いと、気になるのはカビ。特に共働きで日中換気ができず、家を閉めきっているとカビが繁殖しやすい環境が整ってしまいます。エアコンや水回りなど、カビが生えやすい場所の掃除は憂鬱になりますよね。そこで今回は、この時期のカビ対策について、掃除のプロである「おそうじ本舗」の玉城さんにお話を伺ってきました!

教えて玉城さん!エアコンや水回りのカビ対策

1 エアコンの掃除について

エアコンのフィルター掃除の頻度は人によってまちまちですよね。ネットリサーチのアンケート調査によると、エアコンのフィルター掃除の頻度は「月に1回」が19.6%に対し、「1年に1回以下」が21.4%、「フィルター掃除はしていない、必要ない」は8.4%という結果に。
参考サイト:http://www.dims.ne.jp/timelyresearch/2007/070522/

人によってエアコンの掃除頻度に大きく差がでますが、実際はどの程度必要なのでしょうか?

やはり月に1回程度、こまめに掃除するのがおすすめです。というのもフィルターに汚れが溜まってしまうと、今度はフィルターの隙間からエアコン内部に汚れが入っていくようになってしまうからなんです。そうなると分解して掃除が必要になるので、もうご自宅で掃除することが難しくなってしまいますよね。内部に汚れが溜まるとカビが発生しやすくなります。エアコンの中身がカビだらけという家庭は本当に多いですよ。掃除といっても、フィルターのホコリを掃除機で吸い取ったり、取り外して簡単に水洗いするだけで良いんです。大切なのは、こまめに汚れがたまる前に掃除をするということですね。
通常1年に1回はエアコンの内部の洗浄は必要と言われているのですが、お手入れをきちんとしている家庭であれば2年に1回でも大丈夫なんですよ。

エアコン掃除用のスプレーなどはどうですか?

スプレーを使用した後は一見、きれいになったように見えますが、汚れが中に入って見えなくなっただけということも多いんですよ。また、水で洗い流すことができないので、残った洗浄液がベタついて、汚れがつきやすくなり逆にカビが生える原因になることもあるので、注意が必要です。

エアコンのカビは体にも悪そうですが、健康被害などもあるのでしょうか?

私はお医者さんではないので断定はできませんが、エアコンの中のカビは、風に乗って部屋中にばらまかれることになるので体に良いわけはないですよね。アレルギー性鼻炎や、アトピー、喘息などのお客様からの依頼は多いと思います。特にお医者様は自宅のエアコン掃除は定期的にプロに依頼されている方が多いんですよ。

2 水回りの掃除方法について

水回りの掃除で家庭でもできるテクニックはありますか?

テクニックというほどではないですが、重曹とクエン酸は色んな場面で利用できますよ。例えば排水溝ですが重曹を振りかけて、クエン酸を溶かしたぬるま湯を注いでしばらく放置すると、中の汚れが浮き上がってきます。
他にもクエン酸を水に溶かしたものはトイレ掃除にも使えますよ。スプレーボトルに入れてシュッと吹きかけて拭き掃除に使ったり、ブラシでこすったりと便利に使えます。重曹を水に溶かした重曹スプレーも、キッチンの油汚れや洗面台の掃除にも使えて便利ですよ!
他にもいろいろと役立つお掃除方法はこちらのページでご紹介しています。
https://www.osoujihonpo.com/guide/

玉城さん、色々と役立つ情報を提供してくださってありがとうございました。これでカビ対策はばっちりですね!

おそうじ本舗 おもろまち店
〒900-0067 沖縄県那覇市字安里116
TEL:0120-96-7744
http://omoromachi-osouji.com/

LINEで送る
Pocket

【しゅふぴた】であなたにピッタリのお仕事探し♪

沖縄の主婦の為の求人サイト
しゅふぴた

コメントを残す

*